コラム

カメラに向かってハイチーズ?上手に笑えない貴方のために!

シワ姫

おはよ。シワ姫よ。
8のつく日は「笑いジワの日」。今日の記事は姫が担当だワ。

みんなは、卒業アルバムの一人一人の写真や、集合写真を撮る時に
上手に「ニコっ」とできる?

今は、自撮りが当たり前だから、みんな上手に撮るワね、全く!
だけど、人に撮ってもらうのと自撮りって違うワよね。

カオルPは高校の卒業アルバムの自分の写真が気に入らないらしいワ。
笑顔が不自然だから嫌なんだって。
あ、カオルPはここの運営をしてる人のことね。

大体さ!
「「ニコパチ」って言葉があるけど、なんで作り笑いしなくちゃいけないわけ?」
「知らないカメラマンに向かって笑えるか!」

って方への記事ね、今日ワ!

ニコパチは誰のため?

「ニコパチ」で検索するとニコニコ動画でパチンコ!があがってくるけど、
そっちじゃないワ。
ポートレート写真で「ニコっ」と笑ったところを「パチっ」と撮ることが「ニコパチ」。

「ハイ、チーズ!」とかって言って、口角あげさせるワね。
笑え!って言われてんの、あれ。
ひどくない?無理やり笑え!ってサ。
「おかしくもないのに笑えるか!」とか思ったことはないかしら。

写真を撮る時に「笑う」ってのは、一体なんのためかしらね。

姫はこう思うの。

それを後で見る自分に向けて。
仲間や家族に向けて。
笑顔でポジティブを伝えているのよ!


写真は、残ってしまうから、たとえそれが「作りもの」でも
泣き顔や怒り顏より、笑顔の方がいいワ。

作り笑いなんて無理!

何か楽しいこと、面白いことがあったら、自然に笑えるけど、
何もないのに笑えって言われても困るワ。

でも、写真に写る時は、笑ってた方がいいのは前述の通りね。
最近のカメラマンさんは、撮影時にリラックスできるように
いろいろ工夫してくれる方が多くなったと思うけど、
プロでもなく、特に撮影慣れしていない人はそこまで考えてないワね。
あんまり撮り直しを強要されても、嫌になってくるしね。

シワ姫的笑顔を作る方法!

カメラに向かって笑顔を作りたい!
でも上手くできない!


そう思ったら!

カメラの先に
「あなたの好きな人がいる」と想像するのよ!

それか、最近あった笑っちゃう出来事を思い出すの!

姫はロバート秋山さんが好きだから、
そうね、クリエイターズファイルの
スローフード・アドバイザー セレス・C・グロースがそこにいると思ったら
自然と笑っちゃうワ。

カオルPが、プロフ写真が急に必要になって、
慌てて自撮りしてたことがあるんだけど、三脚たててミラーレスセットしてね。
卒業アルバムでもちゃんと笑えない人だからサ、
表情が作れないわけ!
でも、ここは彼女も頑張ったワ。
今後、写真を撮られるケースが増えると思ったからね。

カオルPは、子供達のおふざけシーンを思い出していたみたい。

ま、今はそんなことしなくても笑えるみたいだけどね!

笑顔を作るのも、訓練と慣れってこと!!

でも「笑顔」がすごいのはサ
それが作り物であっても脳が「楽しい」と錯覚することね!

だから、偽物でも笑うっていいことよ。
割り箸くわえているだけでもいいワ!


それじゃね、またね!


あ、そうそう!自分が撮ってあげる時もちょっと気をつけてあげるといいワ。

「はい、チーズ」を
「はい、お寿司!」や
「はい、おにぎり!」に変えるだけでも笑ってもらえるワ。
「チコちゃん」でもやってたワ!

普通に雑談しながらパシャっとやるだけでも、
すごく良いのが撮れたりするものだワ。