写真とカメラ

LINEの写真やスキャンした写真で困る撮影日問題「おもいでばこ」の「アルバム機能」をこう使え!

カオルP

こんにちは。サイト管理人のカオルPです。

「おもいでばこ」の使い方でご質問いただいたので、
今日はそちらを記事にしたいと思います。

「おもいでばこ」の「アルバム機能」の使い方のコツと
スキャンデータ等の管理について、です。

今日の記事の流れ

・「おもいでばこ」は撮影日順に自動整理が得意!
  ーーーそのとき、注意しなくちゃいけない写真は?
・撮影日で整頓した写真を探す時に〜年表のすすめ〜
・年表で仕分けしづらい写真を「おもいでばこ:アルバム」に!
  ーーースキャンデータの撮影日問題もこれで解決!

「おもいでばこ」は撮影日順に自動整理が得意!

「おもいでばこ」に写真を保存していく際、こちらは何の手を加えなくても写真が日付順に並びます。これはデジタル写真には原則イグジフデータ(以下Exif)があり、これに撮影日のデータが含まれるからです。これを元に「おもいでばこ」側で自動整理してくれています。

Exifでは、撮影した画像データと併せて、撮影した日時やデジタルカメラの機種、絞り値、画素数、ISO感度、色空間、といった情報をまとめて記録することができる。

weblio辞書

ですので、ここで気をつけなければいけないのが
Exifがなくなっている写真データや、実際の撮影日で記録されていない写真データです。

Exifがないデータ?

Exifがない、もしくはExifが上書きされている写真は本来の撮影日でない日が撮影日になっていることがあります。
分かりやすい例で言うと、LINEでもらった写真がそれにあたります。
LINEで写真をもらい、後日それをスマホに保存したとしましょう。
それを「スマホ」の写真ロールや「おもいでばこ」のカレンダーで見ると、
その写真はスマホに保存した日のところに表示されませんか?
Exifは個人情報的なものも含まれるため、LINE含め、その他SNSでも、写真をアップする時点でExifデータが削除される場合が多いのです。

実際の撮影日で記録されていないデータ?

これは古いプリントをスキャニングした時にそうなってしまいます。
プリント(紙)はアナログですから、もともとデータはありません。
それをスキャニングでデジタル化することで初めてデータとなります。
この時通常、スキャンした日撮影日と認識されてしまいます。

というわけで、これらの写真を正しい撮影日に変更したければ、データ側で修正しなくてはいけないのです。

ちなみにカオルPがオススメしている節目写真館さんでは、写真に撮影日が焼き込まれていれば、データ上もその日が撮影日にしてくれます(節目スタンプ)。
また「おもいでばこ」では「おもいでばこ」内で撮影日の変更が簡単に出来ます。

撮影日で整頓した写真を探す時に〜年表のすすめ〜

写真整理の基本として、写真は時系列で整頓しておく、ということがあります。
実はこれだけでは写真を見つけるのは難しいです。
これにプラスしてご自身やご家族の年表が必要だからです。
「例えば娘の七五三の写真を探したい!」といった時に、それが何年なのか分からなければ探せないですよね。そのため、別途年表があると便利なのです。
手帳にメモしても良いですし、表計算ソフトが使えればそれでサクッと作れます。
(最近はスマホアプリでも年表を作れるものがありますが、いまいち一覧性が悪いのが残念です。)

「おもいでばこ」では被写体検索が出来ない!

Googleフォトなどの場合、AIやビッグデータのおかげか、例えば「七五三」と検索するだけで
「これかな?」といった具合に探してくれますが、「おもいでばこ」は残念ながらそれが出来ません。
ある程度大きな行事であれば、年月から写真を探しあてる事はできるかと思います。
これが日々散らかった写真であると、あの写真いつだ〜〜?となってしまいます。

年表で仕分けしづらい写真を「おもいでばこ:アルバム」に!

そこでカオルPは「おもいでばこ」のアルバム機能をこんな風に使っています。

  1. 子供の好きなぬいぐるみが写っている写真→アルバム名:「ポケモン」
  2. 子供の習い事の風景→「ならいごと名」
  3. 業者に出した古い写真→アルバム名:「節目写真館スキャン」
  4. 数日間に渡る旅行はひとまとめ→アルバム名:「◯◯年◯◯月◯◯旅行」

といった具合です。
それぞれ具体的にご案内します。

1)子供の好きなおもちゃのアルバム

この画面はパソコンで「おもいでばこ」を見ているもののスクリーンショットです。以下も同様。

これは実は、子供たちが勝手に作っていました。大好きな「ヌメラ」(ポケモン)をたくさん撮影しているのですが、気づいたらその「ヌメラ写真」のアルバムが作られていました。
これであちこち探さなくても「ヌメラ」だけを見続けることができるという算段らしいです。
この作業は普段「おもいでばこ」を見ている時「ついで」にやっているので、決して完璧にはなっていませんが、完璧に集めることが目的というより遊びなので、それはそれで良いかと。
言ってみれば「お気に入りグッズ」の写真集ですね!

2)子供の習い事などのアルバム

子供の習い事での写真というのはおそらく不定期に撮影しているし、習い事にもよるでしょうが、
数もそんなに多くはないかもしれません。日付で探すとなると少し大変です。
ですが、これは成長記録としては重要な一面がありますので、
こういったものも「アルバム化」しておくと便利。
カオルPは卒業時に先生へ写真をプレゼントしようと思い、このアルバムを作りました。
他にもカオルP的にお気に入りなのは「子供の寝顔」を集めた寝顔集なんかがあります。

3)スキャニングした写真のアルバム

スキャンする写真で最も厄介なのは古い写真かと思います。
これは写真をあらかじめ時系列にし、その順番にスキャンすることで時系列の順序だけはキープされます。
そのあと、几帳面な方はそれらの写真データを撮影日に修正されると思いますが、
これ、カオルPの場合、途中で飽きてくるタイプの作業です。

なので、カオルPは時系列順に写真をスキャンするだけでも十分と考えています。
スキャンした写真は「スキャン写真」とか「古い写真」とかでアルバム化しておけば良いからです。

古い写真を探す場合には、そのアルバムを見れば見つかるので、それで良いのです。
あまりに大量になりそうなら、アルバムをある程度の年で分ければ良いかと。

ざっくりしてますが、これで探せます。

他にスキャンする写真の例としては、学校で買ったプリントなどもあるかもしれませんが、
これは都度スキャンすれば、日付の修正も苦にならないかと思います。

4)数日間に渡る旅行をアルバムに

旅行の場合はおおよそ年月がわかっているので、アルバムにせずとも良いかと思います。
ただ、「「おもいでばこ」のスライドショーを使ってその旅行を見返したい!」
といった時、カレンダーのスライドショーですと、
日ごとや月ごとの再生は出来ますが、特定の何日間だけをスライドショーで見たいといった場合、
厄介なので、まとめておくと便利かな?くらいの話です。

日付は大体わかるけど、「まとめて見たい」といったものはアルバム化しておくと便利かな、
くらいの話です。
例として

  • 毎年行ってるディズニーランド
  • スタジオで撮った写真
  • 4年に一度のお祭りのまとめ

などでしょうか。

まとめ

古い写真を整理したいというニーズは多いようですね。
データ化してそれをどこかに入れるといった場合、大事なのは見返しですから、
見返す時に分かりやすくなっていればそれで良いと思います。
あまり杓子定規にならず、工夫し、楽しんでいただくのが一番です。

「大量データ時代の写真整理」西塔カオル著 もよろしくお願いいたします。

また、ご興味のある方は、
写真整理マガジン「写真のきもち」もどうぞご利用ください。
写真整理の情報を紙面にまとめて提供しています。