記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
お知らせ

姫オススメの写真整理の読み物「大量データ時代の写真整理」

シワ姫

はーい!シワ姫よ!
8のつく日は「笑いジワ」の日の姫ブログ。

今日はここの管理人のカオルPが本を出したから
そちらを紹介するワ!

「写真整理」のことを読み物にした電子書籍よ!

「大量データ時代の写真整理」

Amazonから電子書籍で発行されたこの本は、
kindle Unlimited会員の方なら追加料金なく読めるワ。
もし会員でなくても、他の電子書籍同様にお買い上げいただき読むことも可能よ!
目次を紹介するワ。

整理術ではない、写真整理の「考え方」の本

お片づけや道具の使い方など、いわゆる「術」や「やり方」を伝えている講座は多いワね。
でも今はそういった知識的なお話は、ネットでちゃちゃっと検索すればすぐにワカル。
それをしない人のために、リアルの講座があるとも言えるワ。
でも、本来はその「術」よりも「考え方」の方が大事。
「考え方」がしっかりしていれば、「術」や「やり方」について、
その都度調べればいいし、そういった内容は、ネットの中で無料で見つかるしね。

写真整理でもそう。
「写真整理術」と銘打って講座があったり、
本があったり、ブログ記事があったりするかもしれない。
でも、きっと魔法のような術はないことに気づくでしょう。

それは写真の整理が「人生の記録」の整理だからよ。

もし魔法のような写真整理術があったとしても、
写真整理は魔法で片付けてしまってもあまり意味がないワ。
自分の人生の整理を全て人任せにすることは自分の人生を人任せにすることになるからよ。
だから自分で納得した上で「写真整理」をするのが結局は近道。

そして、人生の記録の整理なら、
そのこと自体に求める意味が人によって違って当たり前よね。

おそらく多くの人は「これが鉄板」というやり方を探している。

でも先に言うワね。鉄板はないワ。前述した通り、人によって意味が違うからよ。
鉄板があるとしたら、ゴールは、「二十歳のお祝いアルバム」になるワ。
これなら大抵のことがカバーできるからよ。

でもおそらく多くの人は、ここにたどり着かない。
なぜなら、ここにたどり着くためには、多くのハードルを超える必要があるから。

そのハードルの1つが「写真が大量でデータであること」ね。

データの整理そのものと、記録の整理はそもそも土俵が違う。
そこを履き違えないことも大事。
そんなことに気づいてもらえたら・・・そんな読み物としての本になっているワ。

よかったら読んでみて!