記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
写真とカメラ

エ?ISO6400なんて聞いたことない?使わなきゃ損!のデジカメの高感度設定

シワ姫

おはよ。シワ姫よ。
8のつく日は「笑いジワの日」。姫がブログ記事担当の日よ。

姫はカメラというか写真の精でもあるので、
たまにはカメラの話をしようかしら。

よく室内だと写真がブレてしまう!
暗すぎちゃう!
ってお悩みを聞くのだけど、
ちょっとやってみて欲しいのはISO感度設定を変えること!

ISO感度800とか1600だとノイズが出る!なんて昔の話

ISO感度ってのは、フィルム時代だと100とか200とか大きくても1600とか。
室内で撮るなら400以上・・・なんてイメージがあるかもね。
で、この数字が大きいほど、写真にノイズが出るなんてイメージもあるかも。
「光の感じやすさ」がISO感度だから、光に敏感になればなるほどノイズも出る、そんな感じ。
でもデジタル時代になって、そのノイズ感は随分変わったワ。
ISO設定上限が6400とか当たり前。
ISO12800とか25600とかまで設定できたりね!

ISO6400くらいなら、画面で見る分にはほとんどノイズなんて分からないことも多いワ。

暗すぎる、ブレるという時には思い切ってISO6400以上に!

写真が暗すぎるとか、ブレてしまうな、って時は
思い切ってISO6400以上に設定してみるといいワ。

ISO感度をあげると変わるのはこの二つ。

  1. 写真が明るくなる
  2. 写真がブレなくなる(シャッタースピードがあがる)

いいことづくめ?
だったら最初からいつもISO感度6400とかにしてたらいいじゃん?って?

そうすると、十分に明るいところでは、
明るすぎる写真になってしまうことがあるから
必ずしも万能ではないわけ。

晴天下でISO1600で絞り優先開放側で撮った例。

IS01600

明るすぎて、空が白飛びしているワ。

写真の明るさ(露出)を決めるのは

  1. 絞り(F値)
  2. シャッタースピード
  3. ISO感度

この3つの掛け合わせだから、
ISO感度だけが写真の明るさを決めるものではないのだけど、
フィルム時代の感覚でISO1600くらいまでしか使わず、
暗いな〜ぶれるな〜って人をよく見かけるから、
そんな時はISO感度をググっとあげてみてしまってもいいのよ!って話ね!

試してみて!