写真とカメラ

「おもいでばこ」が本当に欲しい!その3つの理由とオススメの使い方

カオルPです。
今日は得意な写真整理のお話。

消費税増税で、駆け込み需要が高まったようで2019年9月末には
「おもいでばこ」の1部在庫が品切れになったとか!!
きっと多くの方が
「ずっと欲しかったのだけど、タイミングを逃していたもの」
だったのではないかと思います。
そんな理由はどこにあるのか、そしてカオルP的オススメの使い方を紹介します。

「おもいでばこ」が良いところ

  1. 写真を1つのハードにまとめるのが超楽
  2. アカウントレスなので、家族間共有が超楽
  3. 子供も大人も簡単に扱える操作性とスピード感

その他、写真データを自動で仕分けてくれる、テレビでサクサク見返せる、
スマホやパソコンから楽にデータを移行できる、とか、そういった利点もありますが、
「おもいでばこ」はやはり、家族で使う時にもっとも魅力を発揮すると思いますので、
上記3点にフォーカスしました。

1)写真を1つのハードにまとめるのが超楽

カメラが一家に1台の時代はとっくに終了。いまやスマホで1人1台(以上)のカメラがあります。
それぞれが手持ちのカメラやスマホで写真を撮れば、
家族の写真はあっという間に散らばってしまう。
でも自分が本当に見たいのは、ご主人が撮った写真だったりもする。
SDカード、複数のスマホ、そんな写真たちを一箇所に集めるって結構難しいことなのですが、
「おもいでばこ」はあっという間にそれをしてくれます!

2)アカウントレスなので、家族間共有が超楽

写真を意識せず、預けられるところというえばクラウド。
Googleフォトや、icloudといえば、聞いたことがありますね。
ですがこれ、気をつけなくてはいけないのが「アカウント」。
万一パスワードを忘れたりしたら見れないし、
その人のクラウド写真を例えば遺族が見るといった時、そう簡単にはいかないかもしれません。

それに、基本的にクラウドには「なんでもかんでも」上がってしまう、そんな使い方になりがち。
人に見せる必要のない写真もたくさん入っているかも!
クラウドを家族と共有したいという時にはいくつか手間がかかるのも事実です。

3)子供も大人も簡単に扱える操作性とスピード感

「おもいでばこ」は写真のことだけに特化したパソコン(のようなもの)だから、
パソコンとはデータの扱い方が違うんですって。
パソコンがファイル階層を使って自分で整理するものならば、
「おもいでばこ」はデータベース形式。しかも時系列仕分けは自動。
だから、とにかく動きが速いのです。起動も速い。

どこかの窓パソコンが起動時のアプデで人々を悩ませているようですが、
あれは仕事する気を失せさせませんか?
今の時代、スマホスピードで立ち上がらなくては厳しいものがあります。

そして子供でも簡単に使いこなせる操作性の良さ。
我が家の子供はスマホ容量の圧迫を避けるため、自ら写真を「おもいでばこ」に移しています。
家族全員が自然に写真を整理してくれる状況になるんです。

「おもいでばこ」はどう使う?オススメの使い方

「おもいでばこ」には、覗き見を防ぐという機能はないんですね。パスワード的な機能はない。
電源を入れてTV画面をつければ、誰でも中身を見ることができちゃいます。
これは家族間で共有して良い写真だけを入れるのが良い!とも言えます。
実はこのことが「家族アルバム」を作るためには良いシステムなんです。
おすすめの使い方としては、この3つ。

  1. 家族写真を入れる!
  2. 短い動画がオススメ!
  3. 「ほめ写」にも!

家族写真を入れる!

とにかく入れるのは「家族写真」を優先!
みんなで共有したい写真、家族に見せたい写真を優先的に入れるのがオススメです。
これの何が良いかって、スマホ内の写真整理がぐっと楽になるんです。
スマホは手帳的な使い方もするでしょうから、
仕事のメモやら、謎のスクリーンショットなんかもたくさんあるかと。

そういったものと、家族のスナップが混ざっているだけで、スマホ内って混沌としてるんですね。
その中で家族のスナップだけは「おもいでばこ」にうつす(スマホ側は削除しても)。
ということをやると、「おもいでばこ」はサクッと家族アルバムになります。
スマホを完全に「カメラ」として考えることができるのです。

もちろん、写真を「選んで」入れることができます。選ぶという動作。これが実は写真整理なんです。

短い動画がオススメ!

そして「おもいでばこ」には動画も入りますから、動画の整理にも向いています。
ただ、個人的な考えですが、動画って無駄に長いと「途中から見てない」ですよね。
お遊戯会のDVDなんかは園で買ったとしても、自分の子供達が出ているところを探して見るということをしていると思います。
ずーっと見るとしたって、それだけの時間は意外と取れないものです。
ですが、ちょっとした動作、声なんかの情報があるというのは、やはり凄い。
なので、短い動画を時々撮って「おもいでばこ」で動き付きの写真を眺める・・・そんな感覚で見ると楽しさが割増となりますよ。

「ほめ写」にも!

子供をほめて育てると自己肯定感があがる!それには写真がとってもいいよ!
という「ほめ写」があります。
関連記事:写真で家族がハッピーに?子供が中学生でもOK?ほめ写アンバサダーになりました

「ほめ写」ではプリントした写真を飾ることを推奨していますが、
「おもいでばこ」でも、これはできると思います。
違うのは電源がいるかいらないか。「能動的に見る」という事をしないといけないところ。

ですが、
「おもいでばこ」がお家に来た方の声を聞いていると、とても多いのが
「子供がEテレより「おもいでばこ」を見るようになった!」というもの!

自分が大画面に出てきて、楽しそうな様子!
これを「ママ見て!」ってやれるわけでしょ。そりゃ楽しいですよね。

中学生のお子さんでも、
自分が舞台にたっている動画を毎朝必ず見る!なんて話も聞きました。

自信や嬉しさ、ポジティブ感に繋がるのでしょうね。

だから、
スタジオで撮ったり、プロカメラマンさんに撮ってもらった写真。
データで、もらいっぱなしになってたら
いつかフォトブックやアルバムにしようかな・・・なんて、ぼんやり思うだけよりは、
「おもいでばこ」にひとまず入れてみる・・・は超オススメです。

ね、欲しくなると思います。

大好きな家族がもっと大好きになるからね。

容量的には1TBと2TBどっちがいいの?
なんて話がよく出ますが、これについてはこちらをどうぞ。

アメブロ
1TB?2TB?「おもいでばこ」のモデル選び(よくある質問)